チェンソーアート・安全マニュアル

  チェンソーアート安全マニュアル


2008.6.18 

吉野チェンソーアート倶楽部

  チェンソーは、非常に危険な道具である。ほんの少しの油断が取り返しのつかない事故を引き起こす。それゆえチェンソーアートを行う際には、安全に対する細 心の注意をしながら行ってほしい。そこで安全に関する基本的な注意をまとめた。これらの要項をしっかり守ることが、楽しく有意義なチェンソーアートにつな がる。

 またチェンソーアートを指導する際にも、指導者が何よりも注意すべきごとは、安全意識を高めることである。

 

装備や服装、現場の準備

1、チェンソーは、防振動機構付きを選び、カービングバーを備える

2、防護用チャップスの着用は必須

3、履物は、サンダルなど不安定なものは不可、安全靴(防護鉄板入り)を強く推奨

4、ゴーグル、イヤマフもしくは耳栓、マスク、防振手袋の使用を推奨

5、衣服の素材は、熱に弱いものを避ける

6、マフラーやスカーフなどの着用は厳禁

7、長髪は束ね、長爪やマニキュアは避ける

8、前日は深酒、夜更かしをせず、体調を整える

9、長期間放置された木材を扱う時は、ムカデやハチに注意する

10、大きな丸太を1人で持ち上げない

11、安定した足場の場所を確保する

12、滑りやすい台の上(例・マンホールや側溝の蓋)の上に丸太を置かない

13、短い素材の場合は、台の上にビスで固定する

14、1人で行う際は、通信手段を近くに確保しておく

15、負傷時に備えて、衛生水や薬品を常備しておく

16、作業開始前、また合間にも、手、腕、肩、腰などの体操を行う

 

チェンソーの整備と始動

1、チェンソーの搬送時は、必ずバーにカバーを付ける

2、作業前にチェンソーの目立てをすませておく

3、ソーチェンの張り具合、ガイドバーの締めつけを確かめる

4、オイルは植物性のものを必ず使用する

5、燃料を補給する時は、同時にオイルも満タンにする

6、燃料・オイルの補給は、エンジンを止め、火気のない場所で行う

7、始動時は、安全装置(ハンドガード)を掛けておく

8、チャップスを着用しないまま、チェンソーを始動させない

9、始動は、チェンソーを地面に置くなど機体を固定して行う

10、チェンソーは、基本的に身体の右側の位置で作業する


カービング作業の扱い

1、作業中は、タバコ厳禁、火気を遠ざける

2、高速の空運転は避ける

3、作動中のバーを他人に向けたり、歩み寄ったりしない

4、チェンソーを片手で持って作業は行わない

5、高い所や低い位置などで無理な体勢のまま長時間行わない

6、キックバックを起こすため、ノーマルバー先端部上側を素材に当てない

7、ノーマルバーで曲線にカットしようと、バーに力をこめない

8、突っ込み切りは、バーの先端部下側で切り口を作ってから突っ込む

9、素材を足で踏む場合は、バーに近づかないよう間に別の材を挟む

10、チェンソーを持って移動する際は、必ずエンジンを切る

11、チェンソーを置いて現場を離れる時は、必ずエンジンを切る

12、アイドリング状態でソーチェンが止まっていても、手で刃を触らない

13、チェンソーの異常を感じたら、すぐにエンジンを切って点検する

14、1本の木に、2人同時で作業を行わない

15、足元に木屑などが溜まると、こまめに片付ける

16、雷が鳴ったら中断する

17、帰路のことを考えて体力を残して終える

18、遅くとも日没の1時間前には終える

 


 


 

    チェンソーアート指導マニュアル

 

  指導者が他者にチェンソーアートを教える場合、自分で行う場合とは違った安全管理が求められる。受講生の事故は、指導者の責任を問われかねない。とくに複 数の受講生を指導する際には、受講生同士の事故にも気をつける必要がある。また轟音のため注意が散漫になりかねないことにも気をつける。

 

1、講習を始める前に、必ず安全面の注意・確認を行う

2、受講生のガイドバーやチェンを点検(張り方、緩みや歪み、目立て)する

3、実演(他者に見せる)時は、充分な距離を取るかネットを張ること

4、複数の受講生が行う際は、囲いなど物理的な障害物でお互いの距離を確保する

5、作業中の人に注意をうながす時は、右肩を叩いて脇に避ける

6、轟音の中で伝達できるようメガホンやハンドマイクを常備する

7、危険な行為を見つけた際は、必ずその場でストップさせる

8、長時間に渡る場合は、途中で休憩時間を入れて体操などをうながす

9、受講生の足元に溜まる木屑や端材などにも気を配る

10講習会には、救急用品の装備のほか応急処置の講習を受けたスタッフを配置する

 



   吉野チェンソーアート三ヶ条

 

1、い体調、よい準備が、よい作品をつくる!

2、っかりした道具と装備が身を守る!

3、ー手抜き、ノー不注意、ノー火の気!

 






サイト名: 吉野チェンソーアートスクール   http://yoshino-shizai.com
この記事のURL:   http://yoshino-shizai.com/modules/tinyd7/index.php?id=2